★死亡保険には見直すタイミングがあります!自分にあった死亡保険に加入しましょう!!★

死亡保険は、一度加入すると長期的に続けていくものなので、払い込む保険の総額は大きな金額となり、マイホーム購入の次に大きな買い物とも言われています。しかし、保険は目に見えない商品を購入することになるので、加入時には死亡保険の内容を把握していますが、時間がたつにつれ加入した死亡保険の内容がだんだんわからなくなってきます。したがって、まずは、自分が加入している死亡保険の内容をもう一度把握することが大切です。加入時から現在までライフサイクルに変化がないか、加入時に設定した死亡保険の内容が現在のライフサイクルにあっているか、あるいは、複数の死亡保険に加入している場合は重複している特約がないかなどを確認することが、死亡保険の見直しのコツです。死亡保険を見直すタイミングはいろいろありますが、一番のタイミングは結婚する時ではないでしょうか。現在は、共稼ぎのスタイルが増えてきているので、世帯主のご主人だけの死亡保険を準備すれば安心とは言えません。どちらか万一のことがあったら片方の収入が途絶えてしまうので、夫婦それぞれに死亡保険を準備する必要があります。したがって、結婚するときは、夫婦の生活設計に応じて夫婦二人の死亡保険の見直しが必要です。次のタイミングは、子供が生まれた時で、子供が生まれると子供が成人し独立するまで親としての責任が生じます。子供が独立するまでにどのくらいの生活費や教育資金が必要なのかを把握し、死亡保険を見直す必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です