★他人の車を運転するなら1日自動車保険で補償も手厚く!★

1日自自動車保険は、費用の安さと使い勝手の良さで大きく契約数を伸ばしている人気商品となっています。特に免許を持っていても自家用車を所有していない人は他人の車を借りて運転する機会が多いでしょう。学生なんか帰省中や友人との旅行など、ハンドルを握るシーンがイメージできると思います。自動車の所有者が個人で任意の自動車保険に加入していることがほとんどだと思いますが、多くは保険料を安くするために運転者限定を付けていることが多いです。この場合、本人・配偶者限定にしていることが多く、子供である自分が運転して事故を起こした際は補償されないので注意が必要です。仮に運転者限定を付けていなくても、自動車保険を使って補償を受けた場合は翌年度の等級が下がってしまい保険料は値上がってしまいます。自分の親ならまだしも友人の保険料を上げてしまうのは非常に気の毒ですよね。だから車を貸してくれた人に迷惑をかけないよう、1日自動車保険の利用者数が増えているのです。1日500円から加入できるのでリスクヘッジと考えたら高くはありません。そして、せっかく1日自動車保険に加入するのであれば車両保険まで付けておきましょう。万が一事故を起こした場合、車も損傷を受けており修理費用が必要になります。修理費用は被害状況によって異なりますが、最悪の場合は廃車になってしまうこともあります。1日自動車保険は特約ですが、車両保険も付帯させることが可能で最大300万円まで補償してくれます。他人の車であるため、車両保険も付けて補償を手厚くしておくことは借りる側のマナーともいえるでしょう。なお、車両補償を付ける場合は、7日前から1日自動車保険に申し込む必要があるので注意してください。現在は、1日自動車保険は東京海上、三井住友海上、あいおいニッセイの3社から販売されていますが、補償内容は大差ないので自分に合った商品を選べば良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です